2014年3月21日

審美歯科(クラウン・インレー)の費用

項目 イメージ ワンポイント 美しさ 耐久性 税抜価格・保証
ジルコニアクラウン ジルコニア 【長所】
・変色しない
・金属を使わない
・強度が強い
・プラークがつきにくい
【短所】
・強度があり、噛み合う歯が欠ける可能性がある
◎ ☆ 100,000円
保証:6年
セラミッククラウン セラミック 【長所】
・変色しない
・天然歯に最も近い
・透明感がある
・金属を使わない
・プラークがつきにくい
【短所】
・歯ぎしりが強い方は、欠ける可能性がある
◎ ◎ 80,000円
保証:5年
ハイブリットクラウン ハイブリットセラミック 【長所】
・CAD/CAMよりは白くできる
・欠けた時にプラスチックで補修可能
【短所】
・数年で変色してくる
・歯肉に金属色が出る
・金属アレルギーが起こる場合がある
・内側の金属が見える
・セラミックよりプラークがつきやすい
○ ○ 50,000円
保証:3年
ゴールドクラウン
(金歯)
ゴールド 【長所】
・適合性がいい
・虫歯になりにくい
・噛み合う歯を痛めない
【短所】
・奥歯でも金属色が気になる場合がある
・金属アレルギーが起こる場合がある
× ☆ 100,000円
保証:4年
CAD/CAM 冠
(保険適用)
CAD/CAM冠 【長所】
・保険診療でも白くできる
【短所】
・2~3年で変色する
・噛む力が強いと割れる
・歯を削る量が多い
△ △ 保険適用
保証:2年
プラスチック前装冠
(保険適用)
プラスチック前装冠 【長所】
・保険が適用される
【短所】
・2~3年で変色する
・歯肉に金属色が出る
・金属アレルギーが起こる場合がある
・内側の金属が見える
・プラークが残りやすく虫歯、歯周病になりやすい
△ △ 保険適用
保証:2年
シルバークラウン
(保険適用)
金銀パラジウム合金 【長所】
・保険が適用される
【短所】
・錆びる(腐食)する
・歯肉に金属色が出る
・金属アレルギーが起こる場合がある
・内側の金属が見える
・プラークが残りやすく虫歯、歯周病になりやすい
× 〇 保険適用
保証:2年
セラミックインレー オールセラミックインレー 【長所】
・変色しない
・適合性に優れている
【短所】
・歯ぎしりが強いと割れる可能性がある
◎ 〇 50,000円
保証:3年
ハイブリッドインレー ハイブリッドセラミックインレー 【長所】
・平易に白くできる
・噛み合う歯を痛めない
【短所】
・数年で変色する
◎ ○ 30,000円
保証:3年
ゴールドインレー ゴールドインレー 【長所】
・噛み合う歯を痛めない
・削る量が少ない
【短所】
・奥歯でも金属色が気になる場合がある
△ ◎ 70,000円
保証:4年
シルバーインレー
(保険適用)
金銀パラジウム合金 【長所】
・保険が適用される
【短所】
・金属アレルギーが起こる場合がある
・プラークがつきやすく虫歯になりやすい
・錆びる(腐食)する
△ ○ 保険適用
保証:なし
ファイバーコア ファイバーコア ・象牙質に近い硬さのため、歯が割れる可能性が低い
・白い歯を作るときは有利
・金属アレルギーにならない
型をとって作る:
8,000円
メタルコア
(保険診療)
メタルコア ・安価
・歯より固く歯が割れる事がある
・金属アレルギーになることがある
型をとって作る:
約1,000円

※保証期間は定期健診に来院された方のみ適応となります。

ホワイトニングの費用

項目 イメージ 内容 価格(税抜)
オフィスホワイトニング オフィスホワイトニング 歯科医院で行うホワイトニング
※前歯8~10本分(上下どちらか片方)
※必要な時間:約1時間
片顎:20,000円
ホームホワイトニング ホームホワイトニングキット 自宅で行うホワイトニング(マウストレー製作込み)
※前歯8~10本分(上下どちらか片方)
※必要な時間:約1か月
片顎:20,000円
デュアルホワイトニング デュアルホワイトニング オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた「デュアルホワイトニング」が最も効果的です。
※早く白くなり、後戻りもしにくくなります
片顎:38,000円

入れ歯の費用

項目 イメージ ワンポイント 価格(税抜)
コバルトクロム床 コバルトクロム床義歯 【長所】
・薄くて丈夫、違和感が少ない
・熱が伝わるので味が分かる
・食事が快適
【短所】
・踏みつけるなど不可抗力が生じ、金属部が壊れた時に修理困難
1~7歯 140,000円
8~14歯 170,000円
保証:1年
総入れ歯 200,000円
保証:1年
ノンクラスプ床義歯 ノンクラスプ床義歯 【長所】
・プラスチックの入れ歯より薄くなる
・バネがないので見た目が良い
【短所】
・割れた場合、プラスチック入れ歯同等の時間が必要
1~7歯 60,000円
8~14歯 100,000円
保証:1年
プラスチック総義歯
(保険診療)
プラスチック義歯 【長所】
・安価
・修理が可能
【短所】
・変形しやすい
・厚みにより発音しにくい
・味がわかりにくい
保険適用
プラスチック部分床義歯
(保険診療)
プラスチック部分床義歯 【長所】
・安価
・修理が可能
【短所】
・バネがあるので見た目に金属が気になる
・壊れやすい
・厚みが気になる
保険適用

インプラントの費用

項目 イメージ 内容 価格(税抜)
精密検査 CT撮影・精密検査 初回カウンセリング、CT撮影、検査、診断など 10,000円
インプラント治療費
(10年保証)
インプラント料 XIVEインプラントシステム(1本)
(1次手術代)
100,000円
GBR 手術代に含まれる
ソケットリフト

上部構造(インプラントにかぶせる歯)
項目 イメージ 内容 美しさ 耐久性 税抜価格・保証
ジルコニア ジルコニア 【長所】
・変色しない
・金属を使わない
・強度が強い
・プラークがつきにくい
【短所】
・強度があり、噛み合う歯が欠ける可能性がある
◎ ☆ 210,000円
保証:5年
メタルボンド セラミック 【長所】
・変色しない
・プラークがつきにくい
【短所】
・歯肉に金属色が出る
・金属アレルギーが起こる場合がる
・強い歯ぎしりがある方は賭ける可能性あり
〇 ◎ 190,000円
保証:5年
ハイブリット前装冠 ハイブリットセラミック 【長所】
・お手軽に白くできる
・噛み合う歯を痛めない
【短所】
・数年で変色してくる
・歯肉に金属色が出る
・金属アレルギーが起こる場合がある
・内側の金属が見える
・セラミックよりはプラークがつきやすい
○ ○ 150,000円
保証:3年
シルバー
(銀歯)
金銀パラジウム合金 【長所】
・安価
【短所】
・錆びる(腐食)
・歯肉に金属色が出る
・金属アレルギーが起こる場合がある
・内側の金属が見える
・プラークが残りやすく、インプラント周囲炎になりやすい
× ○ 110,000円
保証:2年

※保証期間は定期健診に来院された方のみ適応となります。

矯正歯科治療の費用

項目 イメージ 内容 価格(税抜)
初診相談料 カウンセリング 口腔内を診査し、矯正相談をお受けします。
※初診矯正相談は30分程度かかります
無料
精密検査料 検査料 口腔内検査、レントゲン撮影、診断など
※精密検査は30分程度かかります
※難症例の場合、CT撮影が必要
無料
CT利用時 10,000円
早期治療
(子供の矯正)
基本料金 早期治療では、以下の装置を使用します
クワドヘリックス、バイオネーター、フェィスマスク、リンガルアーチ、セクショナルブラケット、アクチバトール、チンキャップ、スペースリテーナー、リテーナー、可撤式拡大装置、ヘッドギア、ムーシールド
※早期治療は数種類の装置を使用します。
~2装置まで
250,000円
3.4装置
300,000円
5装置~
350,000円
全体矯正
(本格的矯正)
基本料金 マルチブラケット装置A
(アンカースクリュー併用)
570,000円
マルチブラケット装置B 520,000円
マルチブラケット装置C
※当院で早期治療を行った方が対象
(アンカースクリュー併用可能)
350,000円
部分的な矯正 部分 歯の一部のみ矯正を行います。 要相談
調整料 調整料 月に一度の調整でご来院いただきます。
※上限は180,000円です
(3年間(36か月)で計算)
5,000円/回

お支払い方法

当院では、現金でのお支払いのほかに、分割払い、クレジットカードでお支払いいただけます。

一括支払い
当院受付でのお支払い、または当院指定の銀行口座へお振込みください。
注:銀行口座へのお振込み手数料は患者さんのご負担となります。

クレジットカード
下記のクレジットカード(UFJ、VISA、MASTER、NICOS)でもお支払い可能です。
クレジットカード

矯正治療やインプラントなどの自由診療では健康保険は使えませんが、高額治療費は医療費控除の対象となります。

医療費控除について

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

治療にかかった費用は医療費控除の対象となります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、1年間に10万円以上の医療費が必要となった場合に所得税の一部が戻ってきます

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には、翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され、税金が還付または軽減されます。

ただし、1年間に支払った医療費が10万円以上でなければ対象となりません(申告額は200万円が限度です)。所得金額合計が200万円までの方は、所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記の計算額となります。

控除金額について

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

詳しくは国税庁のホームページへ

医療費控除の対象となる医療費

・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
・治療の為の医薬品購入費
・通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
・治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
・その他

還付を受けるために必要なもの

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・領収書(コピーは×)
・印鑑、銀行等の通帳

*確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
*申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください