«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年1月26日

スライド13地域で食べるを支える.BMP
スライド14新潟クリニック紹介おわり.BMP

今年は新潟で大きな学会があります。
楽しみですね。

地域で「食べる」を支えるために 連携が大切です。
その一人として 取り組みます。


長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2019年1月25日

スライド12機能評価一覧.BMP

口腔機能を測定することで 安心したり、心配したり いろいろありますね


長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2019年1月24日

スライド10パタカラ機能低下.BMP

スライド11嚥下機能低下.BMP


嚥下機能低下、オーラルフレイルの判断基準などポイントがあります


長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2019年1月23日

スライド8フレイル症状.BMP

フレイルについて日常生活に見抜くポイントです


長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2019年1月22日

スライド6口腔機能評価について.BMP

スライド7口腔機能低下症の診査診断.BMP

口腔機能低下症を診断する 器械、項目などいろいろありますね


長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2019年1月12日

スライド4フレイル.BMP


スライド5オーラルフレイル.BMP


フレイル、オーラルフレイルの基本を確認しました


長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2019年1月11日

スライド2 食べる力.BMP

スライド3食べる力口腔機能.BMP


まず、白木准教授から 口腔機能低下症のポイントを学びました。

長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2019年1月10日

スライド15 訪問診療の目的.BMP

外来だけの歯科
訪問だけの歯科

そんなことは、絵空事だと私は、感じております

専門家になるのも一つですが、私は歯だけを診ず、人から歯を診る診療をします。

長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2019年1月 8日

スライド13 終末期の歯.BMP

スライド14 歯科医療と終活.BMP

その人にとって「口の中は、どうあって欲しいのか?」
歯は必要なのか?どうか?

少なくとも「口がリスクにならない」ためにどうするか?
が大切です。

長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2019年1月 7日

スライド11 訪問診療の範囲.BMP

スライド12 地域連携ぽいんと.BMP


訪問診療では、治療の限界があります。

地域で何が出来るかも大切です。

長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。


2019年1月 6日

スライド9 要介護と口.BMP

スライド10 口だけ若い人はいない.BMP


患者さんでもいらっしゃいますが、車椅子なのに、口だけ走れる人はいません。

口の中も車椅子です。

長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2019年1月 5日

スライド7 口の終活.BMP


スライド8 外来ピーク60代.BMP

口の終活についてを考えることも 本当に大切ですね。

いつまでも 外来に通院できるわけではないのです。


長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。


« 2018年12月 | メイン

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

ひまわり歯科 院長 北沢敦 ひまわり歯科
http://www.himawari-dental.jp/
院長 北沢敦

みなさん初めまして。ひまわり歯科の院長、北沢敦です。
このたびは私たち「ひまわり歯科」の医院ブログに訪れていただき、誠にありがとうございます。

当院は平成10年にメッツ川崎内に開業して以来、スタッフ一同「人を診て、口を診て、歯を診る」ことの大切さを自覚しながら診療に取り組んでまいりました。また、常に技術と知識の習得に努め、設備の充実を図りながら、患者さんに最適な診療をご提供しております。

当院では、産業カウンセラーの資格を持つ私を始め、各スタッフが「話を聴くプロフェッショナル」として、常に患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。歯科診療をとおして、患者さんが「こうありたい」と願う姿を実現することが当院の目標です。