«  2015年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2015年2月27日

どこに連絡して良いか 分からない家族が増えています。

国は、病院から施設
   施設から在宅へ     訪問歯科医師イラスト.bmp

と、終の住み処を変えていく政策を進めています。


とはいえ、突然 家族に介護を言われても 皆さん困ってしまいます。

さらに、看護師、衛生士の数もかなり足りません。

そこで、地方によっては、昔 働いた経験のある資格者の皆さんを職場に再復帰できるシステム作りに
一所懸命です

その地方の1つとして 上越市歯科医師会の取り組みを紹介してました。
「クローズアップ現代 2月25日」放送分でした

ご参考までに まとめてみましたので、ご覧下さい。

クローズアップ現代 衛生士在宅の働き方.doc


長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2015年2月26日

現在 45才の私には、まだ 分かりませんし、
マリナーズに移籍したイチロー選手も41才(メジャーリーグ外野手では最年長)でも「僕は 若いです」とおっしゃています。


どうして このようなタイトルにしたかと申しますと、

先週NHKが90才以上の高齢者にアンケートをとりました。
それが、このタイトルです。


一番楽しみにしているのは・・・

「食事が美味しいこと!」でした。

ちなみに、二番目は
「会話、おしゃべり」でした

他にも 旅行などがありました。

高齢者の笑顔で食事.bmp

もしや?と思って観ていましたが、
やはり!に変わりました。

お口の健康が楽しみに直結することが、再認識できました。

では、何が 当院で可能なのか?これから、取り組むのか?
スタッフ一同で協議、そして 行動です。

長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2015年2月23日

pmtcイラスト.bmpと、言われてみたいです。

歯科医院は、痛い、コワイなど、良いイメージがありません。

そこで、当院では、治療・(定期)クリーニングも含め
「安心」できる歯科医院をビジョンにしています。

① 無痛治療

② 笑気麻酔  などの治療技術も大切ですが、

来院された方が私たちを「信頼」してくれることが、より大切だと、私を考えております。

もちろん、一朝一夕にできるモノでは、ありませんが、全員で目指し、実践する価値はあります。


ですので、クリーニングの場面などで患者さんが「思わず寝てしまいました!」(苦笑)は、本当に嬉しい場面です。
そんな場面に、たくさん巡り会いたいです。

居眠りイラスト.bmp

たしかに歯が日曜日に痛くなったら 困りますよね。

長岡市では、ほとんどの歯科医院が休診ですので・・・

そこで長岡市民のために「休日診療所」を設置してあります。

場所:さいわいプラザ(旧市役所)

時間:午前9時~午後4時

電話:0258-33-9644
さいわいプラザ.bmp

さいわいプラザ地図.png

私も毎年 1回 担当しております。

今年は 6月17日ですので、よろしく お願い致します。

2015年2月16日

誤嚥性肺炎 レントゲン.bmp

確かに本当かな?と、私も思います。

そんなことを考えていたら 2月15日 毎日新聞の記事がありました。
要約すると・・・

口の中が、不潔だとタミフルなどの治療薬が効きにくくなる可能性が分かりました
(日本大学 口腔細菌学 落合邦康 教授 研究チーム)
 これから、さらに高齢者を対象に疫学調査を始める。

 研究チームのこれまでの研究で、歯垢(プラーク)に含まれる2種類の細菌が、生産する酵素がウイルスの増殖を助けることが分かった。この細菌を含ませた培養液で感染した細胞に対して、タミフル、リレンザを投与しても、ウイルス放出量は抑えられなかった。放出量は、21~28倍に増加。


 落合教授は、「感染部位が口に近いことを考えると、口の中の細菌が感染の進行に関与していることは、十分に考えられる。」とおっしゃています。 
 私は、日常臨床において訪問診療では、上記テーマで診ています。

 以前から この時期は、大切になっていると思っていましたが、その研究結果がより具体的に発表されて、安心しました。これからの取り組みに自信が持てました。

 では、皆様も歯磨きの予防効果に、ご期待下さい。


長岡市の歯科医院 ひまわり歯科 トップページはこちらです。

2015年2月13日

メッツ川崎 航空写真.bmp

現在 メディカルタウン「メッツ川崎」には

  ① 歯科:ひまわり歯科

  ② 内科:川崎内科クリニック  

  ③ 整形:メッツ整形外科クリニック

  ④ 薬局:メッツ川崎薬局

  ⑤ サービス付き高齢者住宅(サ高住):ナーシングホームメッツ川崎

                          が、隣接して存在してます。

  各施設の院長、施設長は、季節の変わり目に懇親会を開きます。

  そこで、お互いの労をねぎらい、チームワークをより太く堅いものにしています。

  
  全国にも、このような、いわゆる「医者村」が存在しているのは、皆さんもご存じかと思います。

  
 しかし、ここ新潟県長岡市におけるメッツ川崎は全国でも珍しい
 「地主参加型 医者村」です。

 「?」と、思われるかもしれませんが、通常医療施設を造るときには、いくら医者が経済的に優遇されていても、土地の所有者(この場合は、地主です)からの同意が必要です。そこで、多くのメディカルタウンでは、地主からの土地提供が必須になります。
 とはいえ、地主の多くは、土地提供だけして、後は、不動産、医師にお任せして、地代収入を徴収しています。

 ようするに、院長と地主は、紙(土地借用書)だけの付き合いで、お互い顔が見えないのです。

 
 今から、約20年前 
 平成8年(1996年)10月に 川崎内科クリニック・メッツ川崎薬局が開業しました。

 その際に、現在施設を建ててある土地の地主さん3人は、「川崎に住んでいる人たちが、安心して生活できるためのメディカルタウン設立」に賛同されました。志を同じくする地主さんの支援があり、私も平成10年に「ひまわり歯科」を開業できました。開業前から地主さん達とは、顔見知りになりました。

 開業後も節目、節目に地主さん達とは、言葉を交わし、これからのメッツ川崎についての方向性をみていきました。

 そのような間柄ですので横の連携は、地主さんも含め、電話一本でつながる関係です。

 患者さん達にしても杓子定規に紹介状を送り合う間柄では、窮屈な感じがしますよね。
 (事務的に紹介状は、必要な場面があることは、ご了承下さい)


 ひまわり歯科 トップページ:http://www.himawari-dental.jp/


 
 
 

  

2015年2月12日

歯根破折の本.jpg

先日もお知らせしたのですが、歯が割れたり、ヒビが入った場合の治療方針のたてかたを学びました。

基本的な考え方は、この書物に準じます。

最近は、歯が残せるようにいろいろ術式が、増えてきました。

逐次、ご報告いたしますので、お楽しみに。

2015年2月10日

歯が割れた場合、確かに痛みが無くても いろんな意味で心配です。

① 後から、痛むかな?
② 歯が揺れるので、食べにくい
③ 咬める側の負担は、これから どうなるのだろう?

など、影響がでます。

食事など含め、日常生活が不安になります。


私も歯が割れたら基本的に「抜歯」になると考え、治療計画を考えますが、
「もし、この歯が残せたら、安心感が回復できる。」のであれば、
割れた歯をくっつけたり(接着),ヒビを埋めたりする治療法を 先日学びました。

日常でも、破折歯への治療を試みておりますが、成功率は現在50%程度です。


さらに、成功率が上がる術を取得しましたので、当院でも助かる歯が、増えそうです。
これからの楽しみが増えました。


2015年2月 5日

 現在 私は、長岡市主催の介護認定審査会メンバーの1人として、毎月1回約20~25名 介護認定申請された方の認定を任されております。

 
 審査会は、合議体(ごうぎたい)という 長岡市の医師、歯科医師、薬剤師、介護職員、保健師さんなどから 各1名、5部署選出で合計 5名のメンバーで構成されています。
 この合議体が長岡市は54ありますので、約270名が認定審査会に参加しております。
 任期は、歯科医師の場合 2年で交代です。(来月3月が、私にとって今期最後の合議体です)

 いわゆる介護度とは、申請された方が生活するにあたり、「どのこくらい手間がかかるか?」に比例して介護度が支援~介護度5まで決定されます。

 ここ2年参加して感じることは、「認知症の方が、増えてきたな~」ということです。

 とはいえ、実際の臨床現場では、特効薬があるわけでは無いので、家族、介護施設の方が、主治医と共に「手間」をかけて、取り組んでいる 苦労が、伝わってきます。


 介護認定では「できないことは何か?」から介護度を決定しています。

 歯科医師として、訪問診療が日常化している現在、私、当院スタッフは「できることは何か?」から、介護が必要な方への対応を決定しています。

 
 ところで、本年4月には、大きく介護保険が変わる予定です。

 どんな変更結果でも、「できることは何か?」から 診療計画を組み立ていくことは、変えたくないですね。


2015年2月 1日

ひまわり歯科新聞 1月号に発表しましたが、2月からHPを正式スタートしました。


自分の地元長岡に開業(平成10年)して、おかげさまで17年目になります。

本年も新しいことへの挑戦も続けつつ、皆さんが来院したくなるような「ひまわり歯科」に進んでいきます。

その1つとして「院長のブログ」を定期的に更新することで、こちらからの情報を伝えていきます。
皆さんにとって、「ひまわり歯科」が少しでも近いものとして、感じられると、私はうれしいです。

更新時期は、はっきり伝えにくいですが、1~2週間に1度(調子が良ければ数度)を目指しております。

では、よろしくお願いいたします。

« 2014年11月 | メイン | 2015年3月 »

ひまわり歯科 院長 北沢敦 ひまわり歯科
http://www.himawari-dental.jp/
院長 北沢敦

みなさん初めまして。ひまわり歯科の院長、北沢敦です。
このたびは私たち「ひまわり歯科」の医院ブログに訪れていただき、誠にありがとうございます。

当院は平成10年にメッツ川崎内に開業して以来、スタッフ一同「人を診て、口を診て、歯を診る」ことの大切さを自覚しながら診療に取り組んでまいりました。また、常に技術と知識の習得に努め、設備の充実を図りながら、患者さんに最適な診療をご提供しております。

当院では、産業カウンセラーの資格を持つ私を始め、各スタッフが「話を聴くプロフェッショナル」として、常に患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。歯科診療をとおして、患者さんが「こうありたい」と願う姿を実現することが当院の目標です。