自主的に学ぶ喜びを知り、生涯の友と師に出会う

院長あいさつ大学に入ってからは、我ながら一生懸命勉強しました(笑)。大学で学んだのは、人からやらされる「お勉強」と、自発的に学ぼうとする「勉強」の違いです。自ら貪欲に知識を吸収しようと努力したり、同級生と学んだことを教え合ったりする中で、勉強の楽しさに気づくことができました。

そんな充実した日々で、その後の人生においても切磋琢磨できる仲間と出会えたことは一生の宝物だと思っています。日本歯科大学新潟は歯学部しかない大学でしたから、仲間は今、全員が歯科医師として活躍しています。今でも集まれば歯の話ばかりですし、困ったときには頼りにさせてもらっています。

大学を卒業したあとは、淡路島にある歯科医院で勤務医として経験を積みました。その歯科医院の院長からは、医院を経営するにあたって最も重要な、冷静さを失わないこととスタッフとの連携の大切さを学びました。

また、その先生は保存科(むし歯・歯周病が専門)のご出身だったので、記録や写真の大切さをていねいに指導していただきました。このときの経験は今にも活かされており、当院では必ず診査・診断時にお口の中の写真を撮り、記録を保存するようにしています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください