さまざまな可能性を考慮

親知らずの抜歯親知らずは、必ずしもすべて抜く必要はありません。診査・診断の結果、お口の中に悪影響を及ぼさないと診断されれば抜かないという選択肢も考えられます。

親知らずを残すことのメリットは、将来、別の歯が欠けてしまったときに比較的簡単に移植できることです。親知らずの移植は保険診療に含まれるため、インプラントや入れ歯と比べて安価に処置することができ、しかもご自身の歯なので拒絶反応のリスクもありません。

逆に親知らずを残すことによって歯磨きが行き届かなくなったり、歯ぐきが傷ついたりする弊害が生じる場合には抜歯を行います。抜歯は基本的には院内で行いますが、難しい外科処置が必要と診断した場合には信頼のおける医療機関をご紹介します。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください