小児歯科・予防歯科

当院では乳幼児期からの予防を推奨しています。予防への理解を高めて、お子さんのお口の健康を守りましょう。

小児歯科

子どものお口の中の細菌バランスは3歳までに決まる、と言われています。それまでの予防の有無が、お子さんのその後の人生に大きな影響を及ぼすのです。

お子さんのお口を健康に保つためには、保護者の方にしっかりとした予防の意識を持っていただくことが絶対条件です。適切な仕上げ磨き、定期的な通院など、まずは保護者の方が意識を高めて予防やメンテナンスに臨んでいただきたいと思います。

マイナス1歳からの予防小児歯科
お子さんがむし歯菌を保有してしまう原因は、保護者の方からの唾液感染と言われています。保護者の方が普段からお口の環境を整えておくことで、お子さんの感染リスクを減らすことができるのです。

また、妊娠時に歯周病を放置しておくと、早産や低体重児の確率が上がるとも言われています。生まれてくるお子さんに負荷をかけないためにも、普段からの予防が重要です。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください