インプラント治療の流れ

【1.診査・診断】インプラント治療の流れ
お口の型を取り、インプラントを埋入する顎の形や咬み合わせを診査します。また、顎の骨の量や質を検査するためにCT撮影を行います。

次へ
【2. 説明】インプラント治療の流れ
診査・診断に基づいて治療計画をご説明します。メリットとデメリットについて理解していただき、双方納得・同意の上で治療に進みます。

次へ
【3. 手術】インプラント治療の流れ
骨を削ってインプラント体を埋入し、蓋を取りつけて粘膜を閉じます。骨の状態などによって術式が異なります。骨の量が足りない場合は造骨手術を行ったり、骨補填材を使ったりして骨を増やしてから手術を行います。インプラント体が骨と結合して安定するまで1~3か月ほど必要です。骨の状態が良好な場合は、手術した当日に仮歯で食事ができる場合があります。

次へ
【4. 仮歯装着】インプラント治療の流れ
インプラント体と骨が結合したあとにプラスチック製の仮歯を作り、実際に使用していただくことで形や装着時の違和感などを確認します。

次へ
【5. 最終的な歯の装着】インプラント治療の流れ
装着後は普通に生活していただけますが、インプラントには血管も神経もありませんので、何か異常があっても感じにくいです。また、歯と同様に年月を重ねれば劣化します。日常のケアと同時に定期的なメンテナンスに通っていただき、一緒に管理していきましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください