親知らずの抜歯

歯科用CTにて親知らずの生え方や位置を見極めた上で、さまざまな可能性を考慮して方針を決めていきます。

親知らずの抜歯

親知らずは、10代後半から20代にかけて奥歯よりもさらに奥側に生えてくる永久歯です。はじめから親知らずがない人もおり、生えてくる本数には個人差があります。

顎の大きさや形によっては親知らずが生えてくるスペースが不足し、埋まったままになったり傾いて生えてしまったりする場合があります。このような場合は、痛みや腫れを伴ったり、お口の中の環境に悪影響を与えたりすることもあるため、抜歯が検討されます。

歯科用CTを使った精密な診査・診断歯科用CT
当院では歯科用CT(コンピュータ断層撮影装置)を導入しています。歯科用CTを使うことで親知らずの生え方や傾きなどを詳細に確認できるため、より正確な診査・診断を行うことができます。

さまざまな可能性を考慮

親知らずの抜歯親知らずは、必ずしもすべて抜く必要はありません。診査・診断の結果、お口の中に悪影響を及ぼさないと診断されれば抜かないという選択肢も考えられます。

親知らずを残すことのメリットは、将来、別の歯が欠けてしまったときに比較的簡単に移植できることです。親知らずの移植は保険診療に含まれるため、インプラントや入れ歯と比べて安価に処置することができ、しかもご自身の歯なので拒絶反応のリスクもありません。

逆に親知らずを残すことによって歯磨きが行き届かなくなったり、歯ぐきが傷ついたりする弊害が生じる場合には抜歯を行います。抜歯は基本的には院内で行いますが、難しい外科処置が必要と診断した場合には信頼のおける医療機関をご紹介します。

当院の口腔外科

当院では親知らずの抜歯以外にも、歯の欠損や顎関節症などのお悩みにも対応しています。

自家歯牙移植
自家歯牙移植(じかしがいしょく)とは、抜歯した顎の骨に自分の歯を移植する治療です。自分の歯なので、インプラントよりも自然な感覚で使用できます。

正中埋伏歯
正中埋伏歯(せいちゅうまいふくし)とは、正常に生えることができずに骨の中に埋まったままの状態の歯のことです。抜歯することで咬み合わせや周囲の歯に影響を与える恐れもあるため、抜歯するかどうかはよく検討する必要があります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください