小児歯科・予防歯科

当院では乳幼児期からの予防を推奨しています。予防への理解を高めて、お子さんのお口の健康を守りましょう。

小児歯科

子どものお口の中の細菌バランスは3歳までに決まる、と言われています。それまでの予防の有無が、お子さんのその後の人生に大きな影響を及ぼすのです。

お子さんのお口を健康に保つためには、保護者の方にしっかりとした予防の意識を持っていただくことが絶対条件です。適切な仕上げ磨き、定期的な通院など、まずは保護者の方が意識を高めて予防やメンテナンスに臨んでいただきたいと思います。

マイナス1歳からの予防小児歯科
お子さんがむし歯菌を保有してしまう原因は、保護者の方からの唾液感染と言われています。保護者の方が普段からお口の環境を整えておくことで、お子さんの感染リスクを減らすことができるのです。

また、妊娠時に歯周病を放置しておくと、早産や低体重児の確率が上がるとも言われています。生まれてくるお子さんに負荷をかけないためにも、普段からの予防が重要です。

当院の小児歯科

小児歯科子どもの頃に歯科医院で怖い思いをしたことが原因で、その後歯科医院から足が遠のいてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。当院ではお子さんが歯科医院に対して恐怖心を抱かないように接し、苦手意識を植えつけない工夫をしています。

トレーニングで徐々に慣れてもらう
診察チェアに座ったら、目線を合わせてお話しをして警戒心を解いてもらいます。すぐに治療をするのではなく、治療器具を触りながら徐々に雰囲気に慣れてもらうことから始め、慣れてきたら少しずつお口の中を診ていきます。さらに、治療内容についてはアニメーションで楽しく説明しています。

真摯な態度で接する
子どもは嘘に敏感です。ですから痛みが出そうな治療に対して「痛くないよ」とは決して言いません。その代わり、我慢ができたらきちんと褒める、約束したことは守るなど、信頼を得られるように行動します。

また、お子さんと保護者の方との関係性、どんな性格のお子さんなのかを注意深く見極めて、お子さん、保護者の方、ドクター、スタッフが信頼の絆で結ばれるような関係性を構築していきます。

おもな予防歯科メニュー

フッ素塗布予防歯科メニュー
フッ素は、歯の石灰化を促したり、細菌の活動を抑制したりといった効果があります。定期的に歯にフッ素を塗布することで、むし歯や歯周病を予防することができます。

PMTC
歯科衛生士が専門の器具を使用して行う本格的な治療方法がPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。普段の歯磨きでは落とすことができない、歯と歯、歯ぐきと歯の間にこびりついた汚れをプロの技術で除去します。

エアフロークリーニング歯周病基本治療
エアフロークリーニングとは、パウダーを吹きつけて、歯の表面に付着した歯垢(バイオフィルム)を吹き飛ばす治療方法です。短時間で簡単にでき、歯を傷つけることなく汚れを取ることができます。
当院のパウダーは「フラッシュ・パール」です。カルシウムが主成分です。
なお、当院使用のエアーフローでは、歯石除去はできません。

※一部記事に誤りがございましたので訂正させていただきました。
 申し訳ございませんでした。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください