歯ぐきの状態を見極め、長持ちする最適な入れ歯をお作りします

長く使える入れ歯を作るために、しっかりとした診査・診断、およびカウンセリングを行って精度を高めていきます。

入れ歯

入れ歯は作るときよりも作ったあとが重要です。せっかくお口にぴったりの入れ歯を作っても、またすぐにお口の中に問題が起きてしまうのであれば意味がありません。当院では単純に入れ歯を作るだけではなく、そこに至った経緯を踏まえて、改善、指導を行っています。

当院の入れ歯治療

当院の入れ歯治療入れ歯治療の対象となる方は、多くの場合歯周病の悪化によって歯を失ってしまいます。当院ではまず歯周病をきちんと治療し、なぜそこまで悪化してしまったのかを一緒に考え、改善するところから入れ歯治療を始めます。

歯ぐきの状態を改善
入れ歯は、歯ぐきという土台がしっかりしていないと作ることができません。長持ちさせるには、歯ぐきの状態を健康に保つことが重要です。普段からの歯磨き、定期的なメンテナンス、生活習慣の見直しによって、歯ぐきの状態を改善していきましょう。

保険の入れ歯(レジン)

保険の入れ歯保険診療で作ることができる代表的な入れ歯です。自費の入れ歯と比べて比較的安価で作れますが、食べ物の温度を感じにくい、変形しやすい、ヒビが入りやすいなどのデメリットがあり、耐久性はよくありません。

自費(保険適用外)の入れ歯

シリコン義歯シリコン義歯
柔らかい素材なのでフィット感に優れ、入れ歯を支える歯への負担を少なくできます。見た目も美しく仕上がるので、周りの目を気にせずにお口を開けることができます。ただし汚れがつきやすく、お手入れに手間がかかります。

金属床義歯金属床義歯
【コバルト床】
熱伝導率が高く、食べ物の熱さや冷たさを損ないません。耐久性にも優れており、長期間使用できます。チタン床に比べるとやや厚めですが、自然に近い装着感を得られます。

【チタン床】
薄く、コバルト床よりも軽く作れるので違和感が少なく、発音もしやすい入れ歯です。特に上顎に適しています。温度が伝わりやすいので食べ物の温度を感じやすく、金属アレルギーの心配がありません。

【ゴールド床】
コバルト床・チタン床の金属床よりもやや重いので、下顎の場合は安定感につながります。腐食の影響で起こる変色がなく、耐久性に優れています。熱伝導率が高いため、食べ物の温度を感じやすくなります。柔らかい素材なので精密な加工がしやすく、丈夫で長持ちします。

マグネット義歯マグネット義歯
残っている歯の根に磁性を帯びた金属を埋め込み、入れ歯側に超小型磁石を取りつけて吸着させる入れ歯です。ぴったりくっつくので装着時の違和感がほとんどなく、楽に取り外せます。留め具も必要ないので、見た目も自然です。入れ歯が小さくなることも長所の1つです。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください