CT完備 接着剤を使わない、将来を見据えたインプラント治療

日本口腔インプラント学会専修医である院長が、安心で確実なインプラント治療をご提供します。

インプラント治療

当院の院長は日本口腔インプラント学会の専修医の認定を受けており、県下有数の症例実績を持っています。他院で行ったインプラント治療についてのセカンドオピニオンも承っています。お気軽にご相談ください。

人を幸せにするインプラント
当院では、まだ日本でインプラント治療が一般的ではない頃からインプラント治療を行っています。当時治療をされた方は今でもメンテナンスで通院されていますが、大きな不具合もなく、とても幸せそうな顔を見せてくださいます。

インプラント治療を終えた患者さんから「よく咬めるようになったので、食事を食べ過ぎて太りました」などとご報告いただくのはとても嬉しいものです。ご家族と気兼ねなく食事をしたり旅行に出かけたりすることもできるようになり、治療前と比べて明らかに表情が明るく、より行動的になった方もいらっしゃいます。

インプラント治療のメリット、デメリット

病気や不慮のトラブルで抜けてしまった歯を元に戻すには「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの治療方法があります。

インプラント治療のメリット、デメリットインプラント治療のメリット、デメリットインプラント治療のメリット、デメリット

インプラント治療は入れ歯やブリッジに比べて歴史が浅く(臨床応用して約50年経過しています)、手術やトラブル時の対応に不安を覚える方も多いかもしれません。ですが「第2の永久歯」と呼ばれるほど、天然の歯に近い見た目と機能性を持っているのも事実です。

インプラントは、メリットとデメリットをよく理解し、しっかりとケアすることができれば、大変有意義な治療方法であると言えます。当院では、豊富な実績と経験に基づいた精度の高い診断と、治療後のメンテナンス、サポート体制をしっかり整えた上で治療にあたっています。

<インプラントのメリット>インプラント治療のメリット、デメリット
・入れ歯では食べづらかったものもよく咬める
・入れ歯のような装着時の違和感がない
・ブリッジのようにほかの健康な歯を削らなくて済む
・残っている歯を守れる
・見た目も天然歯に近い美しさ

<インプラントのデメリット>
・治療に時間がかかる
・メンテナンスに手間がかかる
・ドクターの技術によって予後が変わりやすい

インプラント治療へのこだわり

接着剤を使わないインプラント治療インプラント治療へのこだわり
インプラントに被せるクラウンを装着する際、多くの歯科医師が接着剤を使用するのですが、当院では接着剤は使用しません。なぜなら、将来不具合やトラブルが起きたときに接着剤が使われていると、クラウンを壊さなければ取り外すことができなくなってしまうからです。

インプラントはメンテナンスがとても重要です。寝たきりになったり自分でケアができなくなったりすると、日々のケアを行うことは困難です。ですから、当院では将来を見越して取り外しが簡単にできるよう、接着剤は使わずに摩擦力だけで装着する方法を採用しています。

精度の高い歯科技工所
当院がインプラントの被せ物を発注する歯科技工所は、開業当初からお付き合いがあり、大変優れた技術を持っています。学会認定のインプラント専門技工士です。

被せ物は機械でも作ることはできますが、細やかな部分はまだ人間の手による加工が優れていると感じています。当院の「接着剤を使用しないインプラント治療」では、なおさら技術力が重要です。

インプラント体インプラント治療へのこだわり
インプラントは長く使用するものですから、部品の質が悪かったり、メーカーがなくなってしまったりするリスクを避けなければなりません。当院ではドイツにあるFRIADENT社の「XIVE」インプラントを使用しています。質が高く、世界中で使用されている信頼のおけるインプラント体です。

インプラント治療の流れ

【1.診査・診断】インプラント治療の流れ
お口の型を取り、インプラントを埋入する顎の形や咬み合わせを診査します。また、顎の骨の量や質を検査するためにCT撮影を行います。

次へ
【2. 説明】インプラント治療の流れ
診査・診断に基づいて治療計画をご説明します。メリットとデメリットについて理解していただき、双方納得・同意の上で治療に進みます。

次へ
【3. 手術】インプラント治療の流れ
骨を削ってインプラント体を埋入し、蓋を取りつけて粘膜を閉じます。骨の状態などによって術式が異なります。骨の量が足りない場合は造骨手術を行ったり、骨補填材を使ったりして骨を増やしてから手術を行います。インプラント体が骨と結合して安定するまで1~3か月ほど必要です。骨の状態が良好な場合は、手術した当日に仮歯で食事ができる場合があります。

次へ
【4. 仮歯装着】インプラント治療の流れ
インプラント体と骨が結合したあとにプラスチック製の仮歯を作り、実際に使用していただくことで形や装着時の違和感などを確認します。

次へ
【5. 最終的な歯の装着】インプラント治療の流れ
装着後は普通に生活していただけますが、インプラントには血管も神経もありませんので、何か異常があっても感じにくいです。また、歯と同様に年月を重ねれば劣化します。日常のケアと同時に定期的なメンテナンスに通っていただき、一緒に管理していきましょう。

メンテナンスと保証

メンテナンスと保証インプラントを長く安全に使うためには、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必要です。とはいえ破損や脱落の可能性はありますので、当院では一定条件の下での保証期間を設けています。

<長期保証>
術後10年にわたり不具合が起きた場合には、無償でインプラントへの対応を行っております(インプラントに被せるクラウンは3~5年)。
※ただし、当院からご案内する定期的なメンテナンスに通っていただいた場合に限ります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください