むし歯治療

むし歯治療は、進行の程度に合わせて適切な治療を行うことが大切です。当院では、検査の結果に基づいてむし歯の状態をきちんと患者さんにご説明し、治療方針に納得いただいてから治療を行います。

むし歯治療

もしも歯を削らなければならないほどむし歯が進行していると診断した場合でも、最近の技術の進歩や使用する素材の性能の向上により、削る範囲を必要最低限にとどめて長持ちさせることができます。

基本的には歯を残すことを優先しますが、大切なのは、抜くべきところは抜き、削るべきところは削る判断力です。治療を終えたあとに、自然に食べ、笑え、話すことができる治療を選択することが重要です。

むし歯の進行

むし歯は、初期の状態では痛みや腫れといった自覚症状はありません。痛みや腫れを感じたら、それはかなり進行してしまっている段階です。すぐに来院いただくことをお勧めいたします。

CO(Caries Observationシーオー:初期むし歯)CO
変色もなく穴も開いていませんが、すでに歯が溶け始めている立派なむし歯です。見た目は健康な歯とほとんど変わらないため、自分ではなかなか気づきません。フッ素入り歯磨き粉で歯磨きを行い、再石灰化を促すことで治ります。

C1(エナメル質う触)C1
歯の一番外側のエナメル質がむし歯菌に侵された状態です。まだ痛みなどの自覚症状はありませんが、歯の表面にツヤがなくなり、薄い茶褐色になる場合があります。溶けて穴が開いてしまった部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰める治療を行います。

C2(象牙質う触)C2
むし歯がエナメル質の下の象牙質まで達し、穴が開いた状態です。歯髄に近づくにつれて冷たいものがしみ、痛みの自覚症状が現れます。範囲が小さければC1と同様歯を削ってレジンを詰めます。範囲が広い場合は、麻酔をしてむし歯を取り除かなければなりません。

C3(神経まで達したう触)C3
C2のむし歯を放置してしまい、象牙質によって保護されていた歯の神経(歯髄)にまでむし歯が達した状態です。温かいものもしみるようになったり、激しい痛みを感じるようになったりします。歯の内部の神経がむし歯菌で汚染した可能性が高いため、場合によっては神経の治療を行ってむし歯を取り除き、治療後には咬み合わせができるように処置を行う必要があります。

C4(残根状態)C4
歯冠の大部分が崩壊してなくなってしまい、歯の根の部分だけが残っている状態です。この段階になると歯を残すことは難しく、抜歯の可能性が高くなります。抜歯後には、インプラント、ブリッジ、入れ歯などで咬み合わせを作っていきます。

根管治療

根管治療根幹治療はC3以上の段階で行われます。専門の器具を使い、神経が入っている根管を洗浄してから薬剤を詰め、被せ物を装着して咬み合わせを作っていきます。むし歯菌を完全に取り除かないと再発する危険性があるため、高い技術が必要です。

根管治療の流れ
【STEP1】歯の表面のむし歯に侵された部分を取り除く。
次へ
【STEP2】根管まで届く穴を開ける。
次へ
【STEP3】むし歯に侵された部分を取り除く。神経まで侵されている場合は神経除去処置(抜髄)を行う。
次へ
【STEP4】根管の先端に薬剤を詰めて、炎症が鎮まるのを待つ。
次へ
根管治療【STEP5】炎症が鎮まったら細菌が侵入しないように根管を封鎖する。
次へ
根管治療【STEP6】削った形に合わせて、詰め物や被せ物を作って装着する。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください